仲介と売主って? | さいたま市の新築一戸建て・分譲住宅のことなら昭栄建設

トップページへ戻る
お問合せは昭栄建設へ
「友の会」会員登録
資料請求・お問合せ

 
新築一戸建て購入を検討する際、物件情報を見ていると【売主】・【仲介(媒介)】・【販売代理(代理)】の文字を皆さんは見かけませんか?
意外と知らないこの3つの用語。これを知っているのと知らないとでは、マイホーム購入の際に違いが出てきてしまうのです。
覚えておいて損はない、【売主】・【仲介(媒介)】・【販売代理(代理)】の違いを勉強しましょう。
 
広告主である不動産業者が、自ら土地を仕入れ、建物の設備・施工を行い販売しています。
物件所有者である売主との間に他の業者が存在(介在)しないので、買主に仲介手数料は発生しません。
売主と買い主との間に仲介会社が入る形態のことです。仲介会社は、売主と買い主を引き合わせ、取引条件を調整する役割を果たしています。契約が成立した際は、仲介手数料として「物件価格の3%+6万円(税抜き)」を上限として、売主と買い主は仲介会社に支払わなければなりません。
売主から販売の代理権を与えられた不動産会社が、販売活動から契約まで行うものです。取引が成立すれば、売主からは代理店会社に手数料が支払われますが、買主には仲介手数料が発生しない場合がほとんどです。



  • 仲介手数料が一切かからない
  • 自社物件のため、建物の構造や工法・仕様について詳しい
  • 自社が物件管理を行っているので、空き物件などの情報が正確
  • 新築物件の場合、10年瑕疵担保責任が法律で義務付けられているので、アフターメンテナンスも売主(またはそのグループ会社)は行ってくれることが多い。責任を持って物件を紹介してくれる。
  • 自社販売の物件しか取り扱っていない会社が多いため、紹介される物件が絞られてしまう。
  • 様々な会社の物件を取り扱っている。
  • 第三者視点から客観的な意見をもらえる。
  • 仲介手数料が発生する
  • 様々な会社の物件を扱っているため、物件の詳しい構造や工法について詳しい説明を受けられない場合がある。